法人概要

- 平成29年4月1日 現在 -

施設全景 東から
明るく。暖かく。美しく。そして楽しく。

基本理念

明るく降りそそぐ暖かい太陽のように、また心豊かな楽園のように。そんな施設づくりを目指した職員共通の合い言葉です。

利用者と職員は家族であるという考えのもと、各職種の職員は密接な連携を図り、知識・技術を十分に発揮して、『やさしい・癒しの心』で豊かな人間性あふれる療育・介護を行います。

また、安心で快適な生活の場を提供することにあわせ、施設の持つ機能が地域の医療福祉の向上に役立つよう努め、信頼され愛される施設として地域社会とともに発展していくことを目指しております。



法人概要

■ 法人名称
   社会福祉法人 清風会

■ 住   所
   埼玉県熊谷市津田1855-1 ( → GoogleMapで住所を表示

■ 設立年月日
   平成元年3月1日

■ 理 事 長
   武 田 清 美



事業内容

福祉医療センター 太陽の園
 ・中核発達支援センター
 ・重症心身障害児(者)入所施設・・・定員70名
 ・短期入所(ショートステイ)
 ・通園事業・・・定員15名
 ・相談支援事業
 ・外来診療
特別養護老人ホーム サンヴィレッジ
 ・特別養護老人ホーム・・・定員80名
 ・短期入所生活介護(ショートステイ)・・・定員10名
 ・通所介護(デイサービス)・・・定員22名
 ・訪問介護(ヘルパーステーション)
 ・指定居宅介護支援事業所
 ・在宅介護支援センター



事業沿革

平成元年2月社会福祉法人清風会設立認可。
理事長に武田晴雄が就任。
5月重症心身障害児施設太陽の園が開設。入所定員70名、短期入所定員1名。
6月一般外来診療事業開始。
平成6年7月特別養護老人ホームサンヴィレッジが開設。入所定員50名、短期入所定員10名。
平成7年4月サンヴィレッジにおいて老人デイサービス事業を開始。1日利用者定員15名(平成25年4月に定員22名に変更)。
平成12年3月サンヴィレッジにおいて在宅介護支援センター事業、老人居宅介護等事業(ヘルパーステーション)及び居宅介護支援事業を開始する。
4月介護保険制度開始。サンヴィレッジの各事業について介護保険指定事業所として事業を開始する。
平成13年4月武田清美が社会福祉法人清風会理事長に就任。
10月太陽の園において重症心身障害児(者)通園事業B型事業開始。1日利用定員5名。
平成15年7月太陽の園において短期入所事業の利用定員を5名に増床する。
平成17年4月特別養護老人ホームサンヴィレッジを30名増床し、入所定員80名とする。
平成19年4月太陽の園重症心身障害児(者)通園事業をA型事業に移行する。1日利用定員15名。
サンヴィレッジにおいて大里広域地域包括支援センター事業を開始する(平成25年3月終了)。
平成22年5月太陽の園の施設名称を変更し「福祉医療センター太陽の園」とする。
11月熊谷市子育て支援優良企業の認定を受ける。
平成24年4月福祉医療センター太陽の園において発達障害を持つ方々への診療・療育を行う中核発達支援センター事業を開始する。
7月埼玉県多様な働き方実践企業プラチナの認定を受ける。
11月「知事のとことん訪問」にて上田清司埼玉県知事が福祉医療用センター太陽の園に来園される。
12月福祉医療センター太陽の園において障害児相談支援事業及び特定相談支援事業を開始する。
平成25年5月福祉医療センター太陽の園において、発達障害を持つ方々を支援する通所施設に言語聴覚士等を派遣し、療育や相談に応じる巡回支援事業を開始する。



行動計画

社会福祉法人清風会では、職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、行動計画を策定しています。詳しい内容については、下記の文書をご参照下さい。

清風会行動計画 (PDF形式)



▲ページの先頭へ戻る